フォーラム 子どもの立場から まだ弟の移植は出来ないそうです 返信先: まだ弟の移植は出来ないそうです

#1503返信

はな

みりんちゃん、こんにちは。
お友だちの言葉、きついよね。みりんちゃんは、お友だちが「死」を簡単に取り扱っているような気がしたんじゃない?私はそう思って悲しかったよ。

まわりには嫌な人がたくさんいるかもしれない。病気のことや死について軽々しく話したり、興味本位で聞いてきて噂話をする人がいるかもしれない。

もし、みりんちゃんがお友だちだと思っていた子に思いもよらない言葉をかけられた時は、正しいことを教えるのもいいかもしれないね。正しいことというのは、弟さん自身についてではなく、病気や治療、副作用についてはなし理解してもらうこと。

みりんちゃんの気持ちを知って、支えてくれるお友達がいると思うよ。あなたの気持ちが落ち着いた時でいいと思うの。本当につらい時に何もしなくてもそばにいてくれるのが本当の友だちだよ。自分から壁をつくらないで、心の中にある怒りや不安をまず静めてみようね。

メイク・ア・ウイッシュのことだけど、末期を迎えた子の夢をかなえる団体ではありません。
夢がかなえられる子の基準は教えてもらえませんが、私のお友達で闘病中に夢を叶えてもらって元気パワーを蓄えて、治療を終えて元気になった子がたくさんいます。

メイク・ア・ウィッシュの活動は、子どもの夢をかなえて「あげる」のではなく、夢をかなえるのに必要な、さまざまな手配や配慮をしてそのお手伝いをすることです。子どもたち一人ひとりのために、子どもとその家族と力を合わせ、夢の実現というかけがえのない体験に向って進んでいきます。それが明日への生きる力となれば、どんなにすばらしいことでしょう。
メイクァ・ウイッシュHPから引用
http://www.mawj.org/

「明日への生きる力」だよ。
沈んでいる力を目覚めさせ、気づかせ、生きる力を最大限に!

みりんちゃんができること。
それは、あなた自身が楽しい生活を送ること。それが弟さんの生きる力を引き出すひとつの方法だと思うよ。優しいお姉ちゃんのこと、大好きだと思うよ。外泊や旅行の時はたくさん甘えさせてあげてね。もうそんな歳でもないかな?