フォーラム 診断・治療 主治医から提案があったプロトコールに素直に従うことができましたか? 返信先: 主治医から提案があったプロトコールに素直に従うことができましたか?

#2251返信

りょんち

はじめまして。白血病ではなくて、同じ血液のがんではありますが、悪性リンパ腫の治療を受け、経過観察中の息子を持つ、りょんちと申します。

悪性リンパ腫も、プロトコールがあります。
主治医からの説明は、
元々小児がんは、症例がとても少ないので、各医療機関で、個々の判断で治療を行うには、情報が少な過ぎ、有効な治療法を導き出すことは、不可能に近いため、どの治療法がベストかは、全国規模で(正確には、治療研究グループで)考えることにしている。全国の症例を研究した結果、今現在ベストな治療法であろうものを、全国統一で(治療研究グループ統一で)行っている。
というものでした。

おっしゃるとおり、生身の生きた人間ですから、各々体質も違いますから、「この型の病気には、この治療法」とお仕着せで治療されても・・・という思いは、多少なりとあります。
しかしながら、現実として、あまりに重い病気の告知で、説明を受けた治療法がベストかどうかと、判断する余裕がありませんでした。
わらをもすがる思いで、「とにかく助けて下さい」状態でしたから、上記のような医師の説明に、素直にすがってしまいました。

非常に保守的考えかもしれませんが・・・。
大多数の人に有効な治療法が、安全パイだと思ってしまいます。確かに、我が子は大多数の中に含まれない、特殊な例である可能性も否めませんが、確率からいえば、大多数である確率の方が高いわけですから・・・。

息子は、ありがたいことに、病院が決めた治療法で、無事治療終了することができましたが、もし、思わしくなかったら・・・同じような疑問を抱いたと思います。
とはいえ、治療開始の段階では、何が我が子にとってベストかという判断は、私では出来なかったと思います・・・。
何だかまとまりのない文章で、お求めの回答ではないかもしれませんが・・・。