フォーラム 【教えて】診断・治療 セカンドオピニオンと自宅療養で注意することを教えてください 返信先: セカンドオピニオンと自宅療養で注意することを教えてください

#633返信

あっき

そうはやとさん

うちは大学病院で入院と外来治療、治療後経過観察で通院しています。

院内学級があれば周囲の10歳以上の子と交流が持ちやすかったのかなって思っていますが。親の会もありません。

ある都区内の大学病院。
その区の大学病院いくつかあるのですが、院内学級は併設されておらず、養護学校(特別支援学校)の先生がベットサイドまで来てくれる訪問学級で個別教育でした。

そのような環境でも大部屋(4人部屋)で10歳未満の子がいると屈託がなく、カーテンを閉めてても遊んで~と雰囲気が変わったようです。

10歳以上の子ばかり(中学生高校生、大学生)だとどうしてもカーテンで閉めているような感じになってしまいますね>男子も女子も。

小さい子と違った面で本人のいろいろな内面の気持ちもあるでしょうし、いきなり日常と切り離されて、ふつうの生活でなくなったショックも大きいからかなと思っています。

院内学級がある、患者親の会はあるかないかできっと雰囲気が違ってくるのかもしれませんね。

個室ではない時にほんとうに数人の同じ10代の子のお母さんと少しだけ話せるようになったという感じです。だからどうか焦らずに。
血液も腫瘍系でも病気が違っていても話せるようになる人は見つかるかもしれません。