フォーラム 嬉しい!心強い! 息子がB前駆細胞型ALLと診断され、人生が終わったと思いました 返信先: 息子がB前駆細胞型ALLと診断され、人生が終わったと思いました

#721返信

りーだー

こんばんは。
始めて投稿いたします。
私は、次男(5歳)がB前駆細胞型急性リンパ性白血病で、先日、一年もかかった入院治療を終えたばかりの父です。
邪魔なカテーテルもとれました。
現在、通院治療(維持療法ですね)です。
皆さんのコメントを見て、うなずいています。
デカドロン、うちも大変でした。
プレドニンも大変だったのですが、空腹で一日中、叫んでいる感じでした。
精神的にもかなり影響があったと思います。
性格が変わるくらいでした。
精神安定剤を処方されてみたりと・・
終わったら、ケロッとして、今は元に戻っていますが。
デカドロンなどのステロイド剤は、顔やお腹に脂肪がついて太りますね。
見た目に赤ちゃんみたいでかわいいですが。
筋肉も落ち、骨も弱くなるので、しばらく大変ですね。
退院すれば、あの恐ろしい食欲も無くなりますし、徐々に体を動かすようになれば、筋肉も骨も戻るようです。
みなさんは、中間維持療法とかその後の強化療法とかの頃になるでしょうか。
入退院も慣れてきたこととは思いますが、やはり疲れや、慣れが出てくる頃かと存じます。
寒い時期ですのでお子さんもご自身も感染症に気を付けて、頑張ってください。
あと、もう少しです。
皆様のお子様の治療が無事終わるようにお祈りいたします。
一緒に乗り切りましょうね!