フォーラム 集団生活・人間関係 「がんばって」この言葉のつらい響き 返信先: 「がんばって」この言葉のつらい響き

#5235
輝く子どもたち@はな

はな (2006-2-18 8:34 )

言葉も難しいのですが、サラリと流すのもに難しいことなのかもしれません。
こうして書いたものの私自身かなりのマイナス思考だったので、入院中は息子とふたりきりの個室で、自分の気持ちを抑えるのに苦労しました(抑え続けている感情は、見舞いに来る夫にすべてぶつけていましたが…悪いことをしました)。
そんなとき斎藤一人さんの本に出会いました。「旅先で見た犬のクソは忘れなさい」これが「サラリと流す」方法なのかと思いました。
そして私が何よりも難しいと思うことは「許す」ことです。これはなかなか難しい…。

子供が病気になったことで、見えてくる絆もあります。また、疎外感を感じることもあります。それはあなただけではありません。
もし、心に大きな傷を負うような言葉をかけられたときは、その人から遠ざかるのもひとつの手段かも。

でもやっぱり空豆ママさんと同じで、サラリと流すことができなくても仕方がないと思います。そこから抜け出す手段として書いただけで、サラリと流せないのが普通だと思います。