次男が小学6年生の夏休みに作成したマイホームの見取り図集。
今日はその一部をご紹介します。

説明書を開きながら・・・

「3Dマイホームデザイナー」を使って将来の夢を描く
使い方をすぐに覚えて完成!

「3Dマイホームデザイナー」を使って将来の夢を描く

年間予想電気量も書いてある!素晴らしい!!

・・・?

Σ( ̄□ ̄!)

風呂がなかった!!

「3Dマイホームデザイナー」を使って将来の夢を描く

o( ̄ー ̄;)ゞううむ

トイレもないけど、せっかく作ったんだから・・・

「3Dマイホームデザイナー」を使って将来の夢を描く

約50万円値引きさせていだだきます。

小学生には50万円は大金だもの。思い切って値下げしたに違いない。

それから、、、避難用の納戸が完全密室となっておりますのでご了承ください。

「3Dマイホームデザイナー」を使って将来の夢を描く 「3Dマイホームデザイナー」を使って将来の夢を描く

設計図(その1)「子ども目線の家」

「3Dマイホームデザイナー」を使って将来の夢を描く

まずは1階。
無駄に広いホールと、玄関からリビングまで行くにはダイニングとキッチンを通らないといけないという、何とも面倒な構造になっているのが特徴です。

「3Dマイホームデザイナー」を使って将来の夢を描く

2階廊下は17.3畳も使ってしまい、お子様が室内で鬼ごっこをするのに最適です。また、必要性を全く感じないダイニングもございます。

設計図(その2)「家の中に花を植えました」

「3Dマイホームデザイナー」を使って将来の夢を描く

花に気をとられ、完成後に収納スペースがないことが判明いたしましたので、

「3Dマイホームデザイナー」を使って将来の夢を描く

設計図は手を加えず、値引きで対応。(o^∇^o)ノ

「3Dマイホームデザイナー」を使って将来の夢を描く

2683.1万円
  ↓
2683万円

なんと! 1,000円引き!! ∑(`□´/)/ ナニィィイイイ!!

設計図(その3)「明るいのが一番!」

収納スペースを確保し、ホールからそれぞれの部屋へ移動可能になりました。

「3Dマイホームデザイナー」を使って将来の夢を描く

1階2階ともにホールはどこの部屋よりも明るくなるよう照明をたくさんつけましたので、夜中のトイレはもう心細くありません。

「3Dマイホームデザイナー」を使って将来の夢を描く 「3Dマイホームデザイナー」を使って将来の夢を描く

以上!