レーシック手術で視力回復!世界が変わる!
・・・はずだった il||li _| ̄|〇 il||liガクッ

弟と同じレーシック手術を13万8千円で受けるつもりで検査に行ったら、
強度の近視乱視角膜が薄いということで、
希望していたより高額で痛みも倍増する手術をすすめられました。
そんなお金も時間も忍耐力もないので、
新しい世界への大きな一歩をあきらめて帰ってきたというわけです。

数年前に6歳下の弟、それから2歳下の弟もレーシック手術を受けました。
ふたりとも経過は良好。「世界が変わった」らしい。

只今キャンペーン期間中ということで早速電話をして検査を申し込み、
今日検査、あさって手術、明々後日と来週金曜日と1ヵ月後に術後の検査。
-----私の予定ではこうなっていたのに。

弟たちからは、痛みはそれほどなくただ眩しいだけ、だと聞いていたレーシック手術

医師「弟さんのレーシック手術との大きな違いは、
   強い痛みがあることと、術後の検診が多いことです。
   手術当日から4日後くらいは、誰かに付き添っていただかないと
   おひとりでの外出は難しいと思います。
   強い痛みを伴います から」

私 「痛みって・・・どれほどのものでしょう」

医師「そうですね・・・かなり痛いと思います。
    例えて言うなら、
   ハードコンタクトがずれてひっかかっているような違和感。
   ハードコンタクトをして目にゴミが入ったときの痛みです。
   弟さんの手術と違い、角膜を剥ぎ取るわけですから」

角膜を剥ぎ取られる場面を想像して怖気づきながら
ロビーでカウンセリングの順番を待っていると、
サングラスをした男性が付き添いの男性に手を引かれて歩いて来ました。
ふたりとも20代くらい。

先ほど私が医師にすすめられた手術をした人で、
この男性はまだ完全に視力が回復していない状況でありながら
手術してよかった!世界が変わった。感動した!
と付き添いの男性に話していました。

角膜を剥ぎ取る痛みに耐えて獲得するか・・・その世界を (-“-;A …

カウンセリングの順番が来ました。やはり気になるのは費用と目の痛み。
私の場合、キャンペーン料金でも23万円
やはり誰に聞いてもその手術は「強い痛み」があるそうな。

悩んだ末、手術はあきらめ今までと何もかわらない世界で過ごすことに。
視力は回復せずとも「違う世界」を見るために、一眼レフのレンズを買おうかな。