今日は午後から定期健診。結果は良好。異常なし。

白血病の治療が終わって、もうすぐ2年9ヶ月になります。治療が終わる頃から再発のことが気になりだし、この先もずっと不安なまま生活していかなければならないと思っていました。それが1年、2年過ぎていくごとに少しずつ不安が軽減し、定期健診の採血の結果も「何かあったらどうしよう」と待っていたのが、「きっとだいじょうぶ」と思えるようになりました。

今日は久々の外来で、新しい主治医になる日。次男が入院していた頃からいらっしゃる「腕のいいイケメン先生♪」とお母さん方に人気の先生です。私は男性としゃべるのが苦手で、前の主治医(男性)ともようやく普通に話せるようになったところだったのに・・・再スタートです。

さて、今日は主治医がかわるということで、手紙とNPO法人PandA-J発行の冊子「発達障害のある人の診療パンフレット」のコピーを封筒に入れ、診察前に読んでいただけるようにお願いしました。

久々の採血です。前回、時間はかかったけれど看護師の皆さんのおかげで「がんばろう」という気持ちになって、ひとりで採血してもらいました。 病院側からプレパレーションの導入は難しいと言われたけれど、できる範囲内で力を貸してくださったからこそ、私も息子から離れて見守ることができました。次男は注射をがんばる、私は離れたところでそのがんばりを応援する!

採血は今回もひとりでがんばりました。でも、条件付き。

「ひとりでできたら、夕ごはんは刺身ね♪」
たまにしか食べられないから、まぁそれでもいいだろうと提案したのに、

「明日学校に虫を持って行かなあかんのやけど、この前から約束しとったカブトムシ買ってほしいなぁ~♪ カブトムシくんのためだったら、ぼく頑張れるから」

刺身のためだけにがんばってもいいだろうに・・・
雨の日に昆虫採集は無理なので、先延ばしにしていた約束を果たすことにしました。

処置室に入った次男は早速自慢しています。
「ひとりで頑張ったら、お刺身とカブトムシを買ってもらうから!」
看護師さんたちが上手く話し相手になり、処置を進めている様子。
「いいな~、お刺身は何を買ってもらうの?」

「まぁ~ぐぅ~ろぉ~お~お~おーっ!
針が刺さったか?

こうして短時間で採血終了しました。

そして、1時間後に採血の結果が出たので診察室へ・・・
新しい主治医の診察もスムーズに進み、先生に褒めてもらったり、これから何をするか声をかけてもらったりしたおかげで、本人も落ち着いて診察を受けるられました。主治医と看護師さんたちに感謝、感謝です。

そして帰宅途中に刺身とカブトムシを購入。カブトムシを買う約束を先延ばしにしておいてよかった。

オアシスパーク

ようやく空いた遊具で楽しむ次男(2009-06-13撮影)

血液検査結果(2009-6-30)
 白血球     8.45 ×103/μL
 赤血球     446 ×104/μL
 好中球     5,146 /μL
 ヘモグロビン  12.6 g/dL
 ヘマトクリット 36.2%
 血小板     25.4 ×104/μL
 炎症反応    0.07

 好中球    61%
 リンパ球   33%
 単球     4%
 好酸球    1%
 好塩基球   1%

 GOT  20 IU/L
 GPT  10 IU/L
 LDH  270 IU/L
 T-Bill 0.4 mg/dl
 BUN  15.7 mg/dl
 CRE  0.40 mg/dl