息子が重い病気だとわかったとき、
神様はいないと思った。

その病気が白血病であると告げられたとき、
神様は私に罰を与えたのだと思った。

どうしてこんなことをするのだと、
神様を恨んだ。

けれど、
治療が始まって息子がぐったりすると、
神様に助けを求めて一心に祈った。

息子が元気になれば、
神様に感謝した。

普段は神様に感謝することもなく、
頼みごとがあるときだけ祈る。
悪いことが起これば神様のせいにする。

こんな私を、神様はどう思うだろう。

神様はいない、でも・・・助けて!神様