6/29(金)は、名古屋小児がん基金の定例会に出席しました。私は今回、初参加です。

イベント当日の司会を務めるパーソナリティ・書道家の矢野きよ実さんも同席され、イベントの進め方を丁寧に教えていただきました。打ち合わせの途中、矢野さんの美しさに見とれてしまい、話を聞き逃して焦った・・・。

さて、7月16日(月・祝)は、名古屋小児がん基金3度目のイベントになります。

2017年6月11日に名古屋大学病院で開かれた
「名古屋小児がん基金 1周年を迎えて -名古屋から、届ける希望-」

2018年1月14日に栄ガスビルで開かれた
「川澄敬 記念シンポジウム -小児がん治療のこれからを考える-」

前回は立ち見の方もいらっしゃるほど大勢の方にご来場いただいたので、今回もそうなるのでは・・・お断りしなければならない状況になっては申し訳ない・・・と心配する声もあがりました。CAR-T療法の署名活動もあったことだし、小児がんのお子さんがいらっしゃるご家族には関心の高い内容なので大丈夫かな・・・私も心配になってきた!

男性

全然だいじょうぶですよ!

260人入りますから!

イベントチームメンバーが笑顔で回答。うん、大丈夫な気がしてきた。

当日は先着順で入場となり、事前予約はできません。

また、講演内容は動画で配信される予定でしたが、患者さんご自身が登壇されること、先生方の話の中で患者さんについて触れることなどから、動画配信は中止となりました。

開場は12:30になりますので、お早めにお越しください。

当日は私と「横紋筋肉腫 家族の会」ちぇきさんも受付にいますので、それらしき人物を見かけたら声をかけてもらえると嬉しいです。繋がりましょう!

イベントの詳細は以下のページをご覧ください。