テレビをつけると
みんなが楽しそうに笑っていて
買い物に出かけると
子連れの家族が弾むように歩いている

イルミネーションが眩しくて
どこへ行ってもクリスマス一色で
華やかに、賑やかに
みんな幸せそうに過ごしている

点滴

この白い壁に囲まれた
消毒のにおいがする部屋に
私とこの子ふたりだけ

抗がん剤が一滴
また一滴、ゆっくりと
この子のからだに入っていく

点滴を眺めつつ
この子の様子を観察しながら
朝から晩までこの部屋に

病棟の静かな廊下を歩くだけ
今日も1日
外の空気を吸うことはなかった

治療が終わったら
みんなと同じように笑えるかな
外の空気を胸いっぱい吸って
泥んこ遊びもできるかな

好きなものをたくさん食べて
家族のにおいに包まれて
何の心配もなく眠れる日が来るかな

涙

当たり前に過ぎていた毎日が
今はとても長くて、
時には辛くて、悲しくて

喜びの声が響く街中に
私たちが戻れるのはいつだろう

子どもと過ごすサークルベッドの上
点滴のアラームが響く廊下
私たちがここから出られるのはいつだろう

クリスマスケーキ

きっと1年後
私たち家族はクリスマスケーキを囲んで
幸せな時間を過ごしている

そう信じて、
いまは踏ん張るしかない

がんばれ、次男のからだ
待っていてね、長男
しっかりしろよ、私