土曜日の午前にPTA連合会定期大会がありました。9時開始、まずは総会。紹介や表彰やあいさつ・祝辞・・・とても長い話に、意識が遠くなりながらも必死に耐え、待ち望んでいた大棟さんの講演会が開演。

最初にホスピタルクラウンの活動風景(テレビ番組)を観ました。次男と同じ急性リンパ性白血病の子どもたちが数人登場。5年前を思い出して胸がぎゅっと締め付けられます。こうして次男が生きているなんて、あの頃は想像できなかった。元気になって退院した子どもたち、空に帰っていった子どもたち。たくさんの出会いと別れがあったな・・・

そこへ大棟さんがいつものトランクを片手に登場し、話の合間にバルーンを作って会場にいた子どもたちにプレゼント。息子たちもいただきました。けんかしないように、同じものをふたつ作ってくださった大棟さんの心遣いがとても嬉しかったです。

うまくコミュニケーションをとる方法
[1]相手のことを見て話を聴く。徹底的に観察するように見る。
[2]見られるという意識を持つ。
[3]見せる。見られているという意識を持つ。
[4]テンションを合わせる。
[5]大げさなリアクションをする。

1時間半の講演会はとても充実して楽しくて、もっと聴いていたかったな。子育てだけに限らず、いろんな人間関係においてとても役立つ話でした。

帰り際、廊下で大棟さんを見かけたので声をかけると「お~ぉっ!」と、久しぶりに会った友達を迎えるようなリアクション。人の心をつかむのがとても上手い!