今日は小児がんのボランティア活動に参加し、小児病棟のフロアをお借りして縁日を開きました。

わたぼうしの会メンバー5名に加え、看護学生さん6名がお手伝いに来てくださったので、私は子どもたちの写真をたくさん撮ることができました。

みんな、いい表情をしていましたよ。カメラを意識せず、夢中になって何かをしている子どもの表情が好きです。

毎回、縁日が終わる頃まで残っているのが小学生男子。残った水風船が目当てです。たくさんもらった子が、点滴の両側にたくさんの水風船をぶら下げていました。

「派手やな~。悪いことしたら、ぼくがやったってすぐにバレるやん!」

いたずらしそうな笑みを浮かべて部屋へ戻っていきました。

みんな良くなって退院できますように…。

小児病棟の縁日 水風船と点滴