7/7(土)より「はたらく細胞」のアニメが放送されます。
血球やウイルスが擬人化され、がん細胞も登場!!

小児がんと診断された子どもたちが、自分の体の中で起こっていることを理解するのにちょうどいいんじゃないかなと思います。自分の体の中にいる強い細胞たちが、がん細胞をやっつけてくれるイメージが湧くのではないでしょうか。思わずクスッと笑ってしまう場面もあり、楽しみながら生物の勉強ができるのでお勧めです。

ウイルスを退治したときに流血シーンがあるので、小さなお子さんには刺激が強いかな・・・どうなんだろう。↓↓↓流血シーンあり。

そして、なんと素晴らしい企画が!!!!!
日本赤十字社×テレビアニメ
「はたらく細胞」第1話先行視聴キャンペーン

本日から7/7(土)まで、全国の献血会場(献血ルーム・移動採血バス)にて献血にご協力いただいた方へ、「はたらく細胞」の第1話を先行視聴できるシリアルコード付きイラストカードをプレゼント♪♪♪

イラストカードは、なくなり次第終了だそうです。献血して第1話を視聴するなら明日!! 献血場所の検索は下記ページをご利用ください。

息子はたくさんの輸血をしました。私は生まれてすぐに、父から輸血してもらいました(当時は直に輸血OKでした)。献血してくださった方のおかげで生きています。本当にありがとうございます。


「はたらく細胞」、面白かったので全巻買ってしまいました。
はたらく細胞 清水茜

▼「はたらかない細胞」も出版されるようです。

「白血病」や「CAR-T細胞」も擬人化してほしいな。