女の子だったら公開してほしくないであろう成長曲線記録表。次男に聞いたところ、ホームページで公開してもいいということだったので、生まれてから18歳になるまでの記録をアップします。

次男は、長男の生後1か月の大きさで誕生し、平均よりも大きく育っていました。2歳11か月で白血病と診断され、2年1か月の治療を受けました。成長ホルモンの治療はしていません。治療が終わると背丈はぐんぐん伸び、現在は長男よりも高いです。体重が平均以下なのは、父親に似たのでしょう。痩せていますが、よく食べます。

小児がん経験者:治療が終わってからの身長・体重の推移(成長曲線記録表)
病名
B前駆細胞型 急性リンパ性白血病
治療
化学療法のみ
プロトコール
JACLS ALL-02 HR
リスク群
HR群(ハイリスク、高危険群)
中枢神経への病気の拡がり
なし
染色体異常
なし

社会人1年目の健康診断も異常なし。このまま元気でいてほしいです。