入院中は中心静脈カテーテル(CVカテーテル)から抗がん剤投与、輸血、採血のすべてを行っていました。

しかし、退院前にカテーテルが詰まって外してしまったので、外来治療では毎回痛い思いをしなくてはなりません。

手の甲に刺した点滴のルートから採血し、結果が出るまでの約1時間とその後の診察・抗がん剤投与、ロイナーゼを筋肉注射した日は診察終了後30分は様子を観るためルートをつけたままです。

利き手が使えなくなるため、最初は左手の甲に刺していました。何度か同じ場所を使っていると、血管が硬くなり、針が刺さらない、針は刺さっても血が引けなくなり、左手に変えました。

しかし、左手に変えても同じこと。外来治療になって8か月過ぎた頃には左右どちらも太い血管(手の甲の中心にある血管)にルートが入らなくなってしまったため、その横の細い血管(薬指と小指の間あたりにある血管)でルートをとりました。

外来治療になって8か月過ぎた頃には、右も左も手の甲にある太い血管にルートが入らなくなってしまい、薬指と小指の間あたりにある血管でルートを確保しなければならなくなりました。

最初に刺す時は泣くことも暴れることもなく我慢している次男も、やり直しとなると泣いて暴れて・・・なんとか言って聞かせ、次男を抱きしめるように体を固定して行いました。つらいですね。

看護師さんは、私が付き添っていることでかなりのプレッシャーを抱えて処置されているはず。2回目となると、本当に申し訳なくて。

それからは、右と左を交互に使ったり、あたためたり、パシパシと叩いて血管を出してみたり・・・。針を刺してから血管を探られるのはとても痛いそうです。

看護師さんは「なんとかこの1回で終わらせてあげたい」という気持ちでいらっしゃると思いますが、親御さんが付き添っておられる場合は、子どもに「このまま抜いて、別の場所を刺してもらおうか」と確認した後、看護師さんにもう一度お願いしたほうがいいと思います。

看護師さんを責め、余計なプレッシャーを与えて失敗しないように、親も協力して処置を進めていくことが一番良いのではないかと思いました。

追記
次男は腕に針を刺されるのが嫌いで、手の甲よりも腕のほうがいたくないと聞いても「手のほうがいい」と言って、結局、小学校(何年生までだったか記憶にありませんが)まで手の甲で採血してもらっていました。