次男の日記から「クワガタムシの死」

次男(小学4年生)の日記より

6/25「クワガタムシの死」

このまえ、クワガタムシが死んでしまいました。
とてもかなしかったからなきました。
ふつうの虫がじゅみょうがきたら
しょうがないと思って悲しみます。
なきません。

でも、このコクワガタは、いかくもしなかった。
つのでゆびをはさまなかった。
おもしろいことをいっぱいみせてくれた。
カブトムシがきたら
じぶんより強いことをしっているのにたちむかった。
負けても、負けても。

ぼくが会ったなかの虫で
いちばんゆう気があってやさしい虫でした。

ぼくがいやなこと、
それはいきものは、いつか死んでしまうこと。
この悲しみは、どうしてもけせなさそう。

日記「クワガタムシの死」

▼次男がかわいがっていたコクワガタ

コクワガタ
次男がかわいがっていたコクワガタ。相手は偽物ですが、ちっちゃい体で威嚇してます。
コクワガタ オスノ闘い
次男が大好きだったコクワガタ(右)が、
少し大きめのコクワガタと闘っているところ。
輝く子どもたち*小児がん・小児白血病

岡山で開催されたがんの子どもを守る会公開シンポジュウム「小児がんの子どもたちの絵画展」で、次男の作品が展示されました。コ…

輝く子どもたち*小児がん・小児白血病

今朝の朝日新聞朝刊に次男が描いたクワガタムシの絵が掲載されました。次男が大切に育てていたコクワガタが死んでしまった悲しみ…