フォーラム 抗がん剤の副作用 ステロイドの副作用でムーンフェイスに…「ハゲデブって言われるねん」 返信先: ステロイドの副作用でムーンフェイスに…「ハゲデブって言われるねん」

#2644返信

はな

小学生になると自分の体のことが気になりはじめますよね。長男も小学2年生ですが、2年生になったとたん、毎朝鏡で髪形のチェックをしています。寝癖があると直るまであれこれ頑張っています。そんな姿を見ていると息子さんの悲しい気持ちが分かるような気がして・・・

私が悩み相談に行く児童館の先生によく言われることがあります。

子供が悩んでいたり怒っていたら、それに共感してあげてください。励ましたりアドバイスすることなく、ただ「そうだよね、つらいよね。悲しいよね」「腹が立つよね。その気持ち、よくわかるよ」と。

その言葉だけでいい(私はついつい、あれこれアドバイスをしてしまうタイプ・・・)、お母さんが自分の気持ちをわかってくれた、これだけで子供の心は救われ、安心するそうです。心強い見方ができたところで、子供は自分なりに考えて行動したり、どうしたいのか話すことができる。お母さんの共感が子供にとってはとても大切なものなのだと。
・・・わかっているのですが、これがなかなか難しいんですよね。毎回口出ししてしまう私です。

まだ小学2年生だと「からかう」ことが遊びになっているような気がします。他人を傷つけようとする気持ちよりもからかったことで相手がどう反応するかが楽しいのでしょうね。

長男と同じ学年の男の子が毎日、帰ってくるときに自分がイヤだと思うこと(傘を振り回したり、水たまりの水をかけられてズボンがベタベタになったり、背中から小石を入れられたり)をして、「イヤだ」とハッキリ言っても全然効果がないと話してくれたことがありました。長男はお母さんから直接その子に話をして欲しいと言ったので、帰り道に家に入ってもらい、3人で話をしました。
その子は自分は何もしていないと言い張っていましたが、「●●くんが遊びでやっていることが、他の子にはイヤなこともあるんだよ。これからはもっと強くイヤだって言うから、●●くんも、お友だちがイヤだと言ったらすぐにやめてね」それ以来、長男には何もしなくなりました。

遊んでいるつもりで出た言葉で人が傷つくことを、お友達に知ってもらうことも大切かもしれませんね。

男の子と違って女の子は幼稚園の頃から自分の服や髪型にこだわることが多いですよね。かつらをすることも選択肢のひとつですが、かつらと分かった時の周りの様子やいつもいつも頭をきにしていなければいけないことを思うと勧めることもできませんし・・・。