フォーラム 子どもの立場から 弟は旅立ちました。私は母を支えなくてはいけない

このトピックには17件の返信が含まれ、3人の参加者がいます。10 年、 2 ヶ月前に  はな さんが最後の更新を行いました。

  • 投稿者
    投稿
  • #1511返信

    みりん

    お久しぶりです。

    七月十一日私の弟は旅立ちました。
    すごく辛かったけど、母を支えなくてはいけないので、お葬式などではあまり泣けなかった。
    でも、亡くなった直後は、弟の布団にしがみつき、大泣きしました。
    でも、そのあと体に綿をつめる作業ということでみんな外に出され、みんなの雰囲気がすごく暗かった。だから、私は「私は落ち込んでいるキャラじゃないんだから、みんなをどうにかして明るくさせなきゃ」と思って、励ましたりしました。

    弟はもう頑張りすぎだと思います。
    およそ五年間闘病生活を送り、みんなに死を見届けられ、みんなが泣いてくれて…幸せだったと思います。
    今までありがとうございました。

    またご迷惑をおかけして、すいませんでした。

  • #1512返信

    はな

    みりんちゃん、おはよう。
    誰かを支えなくていいよ。
    今はたくさん泣いていいんだよ。
    あなたは頑張らなくていいんだよ。

    書き込みありがとう。

    弟さんも、みりんちゃんがいてくれて幸せだと思う。
    素敵なお姉ちゃんだよ、って自慢してるよ、きっと。

  • #1513返信

    みりん

    こんにちは。

    最近は落ち着いてきました。
    家では一番下の弟がいるせいか、とても明るく賑やかです。本当にいてよかったと思っています。

    でもやはり家族が減ったのは悲しく、寂しいです。
    でも私が頑張らなきゃ、誰が頑張るんだ!と思い学校でも、頑張っています。
    今までのことを振り返ると、とても辛いことが多かったけど、今頃そんなこと言ってもしょうがないし、弟が病気の時は、父母は弟が一番大切だったんだと思います。

    前、父に「お前なんかどうなったっていいんだよ!○○(弟)はお前にかかってるんだぞ!」と怒鳴られました。その時はとてもショックだったけど、私は【怒っちゃダメだ。今一番辛いのは、弟なんだ。こんなんで辛いなんて思っていちゃダメだ。今は弟のことを思わなくちゃ!!】と考えていました。

    こんなことになるとは、思ってもいなかったけど、これは誰もが経験することだと思うし、このことが私にとってこれから生かせる経験になるように。
    また、神様が私たちにくれた・・・私たちにだからこそ与えられた試練だと思います。

  • #1514返信

    はな

    みりんちゃん、こんにちは。
    返事が遅くなってごめんなさい。

    つらい時はたくさん泣いていいよ。
    つらいという感情を認めることで、少しは気持ちが和らぐから。

  • #1515返信

    ひさも

    みりんちゃん、つらかったね。
    心の準備もできていなかったから、本当に驚いて、ショックを受けたことと思います。それなのにお母さんのためにたくさんがんばったんだね。みりんちゃんは優しい子。お父さんもお母さんも私達もみりんちゃんのこと大好きだから、どんなみりんちゃんでも大切だから、つらいときはつらくていいんだからね。

    私は弟を見送ってもう9年になるけれど、今でもきゅうっと悲しくて寂しくてどうしようもない時がしばしばあります。悲しいのも寂しいのもどうにかできることじゃないから、ゆっくりつきあっていけばいいのかなと今は思っています。だって大切な家族を亡くして悲しくないわけがないものね。

    今頃言ってもしょうがないこと、ではないんだよ。
    つらかったこと、悲しかったこと、どうぞ話したいときに話したい人に話してね。私はみりんちゃんの味方です。つらかったことに無理に蓋をする必要はないんだよ。話して楽になること、聞いてもらいたいこと、がまんしなくていいんだよ。みりんちゃんが大切な家族を想うように、みりんちゃんのことを想っている人がたくさんいるからね。

    誰が1番つらいかなんて、誰にもわからないし、順位をつける必要もないことだと私は思います。家族が病気になったら、みんながそれぞれにつらいよね。誰かの方がつらいから自分は我慢しないと、って思わなくてもいいんだよ。自分の心を大切にしてあげられるのは自分だけだからね。どうか自分にもやさしくしてあげてね。

    みりんちゃんの大切な弟さんが天国で何の苦しみもなく幸せに暮らせていますように。そして時々みりんちゃんやご家族の夢に出てきてくれますように。
    うまく言えませんが、たくさんの愛を込めて送信します。

    ▼しぶたねのたね
    http://blog.canpan.info/sib-tane/

  • #1516返信

    はな

    ひさもさん、こんばんは。
    メッセージありがとうございます。
    みりんちゃんが読んでくれてるといいな。
    連絡がないので心配です。

    ひさもさんのメッセージに、私の心もあたたかくなりました。ありがとうございます。

  • #1517返信

    みりん

    読ませていただきました。

    やっぱり辛い時は、辛いって言っていいんですよね?
    でも私小学校の頃から、嫌なことがあっても我慢してしまい、泣いたことがあるといえば、悔し泣きぐらいでした。それも2、3回しか・・・
    男の子と喧嘩しても、勝っちゃってたし、みんなに「みりんは強いから」
    「絶対泣かない子だから」
    そう言われていたからか、泣きにくくなってしまい、泣けなくなってしまいました。

    私が泣いたら、みんな驚くだろうな・・・
    弱いって思われちゃうだろうな・・・

    でも前に私のことをバカにしてきた人がいて、私は悔しくて泣いた。
    私の友達と比較された。
    「お前は下手だけど、あいつは上手い」
    「よくお前が選ばれたな」
    「お前のこんなんだよ」と動きをまねされたりされて笑われた。
    その時は悔しかったけど、泣きたかったけど、泣いた時のみんなの顔を想像したら・・・泣けなかった。その練習のあと、誰もいない音楽室まで走って行って、泣いた。途中で友達に見つかって、私の周りにどんどん人が集まって・・・
    私が泣いたから相当すごいことがあったんじゃないか!と思っていたようだ。
    そのあと先生も来て話をした。
    「そんなのみりんちゃんが、やめて!とか言えばよかったんじゃん。そこで泣くんじゃなくて、ちゃんと相手に言わないからダメなんだよ。」

    そう言われた。少し傷ついた。

    弟は夢に出てきてくれました(*^_^*)
    たくさん!
    でも、生きているときの半分以上は病気で入院していたので、入院している時の姿の夢と、もう天使になってからの姿・・・
    でもちゃんと病気じゃなかった時の姿でも、出てきてくれたこともあります。

    今でも私がいつも願ってしまうこと。
    それは・・・

    【早く弟の病気が治りますように…】

    もういないのに、何故か毎日お願いして、途中で気付いて「あっもうそのお願いしなくていいんだっけ。」と思う。
    でも、私は何にでも弟の病気が治るようにお願いしてた。プリクラを撮ったあと、願い事を書く機能があり友達にばれないように「みんなが健康になれますように」と。
    京都の修学旅行に行った時も、友達がどこか行った時に人の形をした紙に、弟の名前と「早く病気がよくなりますように」と書き、水に沈めました。

    でも私はよく考えます。
    「ガンバレ!」とか言ってきたりするけど、私は「どうせみんな他人事だから、ただ言っているだけなんだろうな。自分が経験したら、どんなに辛いか…ガンバレって言うけど、何を頑張るの?そりゃあ勉強とかは頑張るけど・・・」
    そう思ってしまいます。

    お通夜の時、小学校前から友達だった子が来てくれて、弟の顔を見たとたん大泣きしていました。そして、私がお礼をしに行くと目を泣きはらした友達が抱きしめて来て最初は、びっくりしながら、どうしたんだ?(*^_^*)
    と思った。
    でも、「みりん…よく頑張ったね。大丈夫だよ、大丈夫。」そう言われた瞬間、涙が出てきて止まらなくなった。声をあげて泣いた。

    お通夜、お葬式の時少し我慢していた。
    横で母が泣いているのを見て…「支えなきゃ」と。
    色んな人がお線香をあげたあと、こっちまで来て「何言っていいかわかんないけど…全然知らなくてごめんね。治ったのかと思って。」
    「よく頑張ったんね」
    そう母に言っていきました。
    私は横に立っていながら、「私も辛いのに。お母さんの方が辛いの?兄弟だって、すごく辛いんだよ?」そう思った。

    最近は父と祖母の喧嘩が多い。
    それに母は悩まされている。
    喧嘩は弟のことだ。しかも弟の仏壇の目の前でする…。私は止めに行きたかったけど、すごくすごく怖かった。母は少し泣いていた。「もうこの家にいられないかも」そういって、部屋に行ってしまった。
    私はそんなの弟が可哀想だと思った。
    でも止められなかった。

    今は喧嘩していないけど、また何がおこるかわからない。
    でも私は、今本当に勉強を頑張っているので、これからも頑張って、医者になりたいです。

  • #1518返信

    はな

    みりんちゃん、こんばんは。

    夏休みになったね。今日は何をしていたのかな?

    私も「頑張れ」という言葉は嫌いでした。これ以上、何を頑張れと言うの?あなたにはこの気持ちがわからないのよ!と、まわりの人たちから離れていきました。今思うと、まわりの人たちはそれしか言葉が出てこないんだと思うの。それでもあなたの力になりたいと思って声をかけてくれるんじゃないかな。いつか「ありがとう」と返事ができるようになると思うから、焦らなくていいよ。

    弟さんはもう痛みや病気から解放されたから大丈夫だよ。きっとみりんちゃんのそばで遊んでいるんじゃないかな。机に向かっているのに集中できない時は、きっと弟さんがみりんちゃんにちょっかい出してるのかもよ。

    子どもが亡くなってから、家族の中でいろんなもめごとが出てきます。それは夫婦間でも同じ。悲しみが怒りとなって表れることもあります。
    もう少し様子をみてみようね。思いを伝えて、お互いに歩み寄ることになるかもしれないから。

    みりんちゃん、本当によく頑張っていると思うよ。
    頑張りすぎているから、大丈夫かな。。。と思うこともあります。近くだったら遊びに連れて行けるんだけどね。あっ、でも勉強を教えるのは無理かな。

    素敵なお医者さんになると思うよ。
    ずっと応援してるから。

  • #1519返信

    みりん

    ありがとうございます。

    私は弟が亡くなってから、お通夜やお葬式に来られなかった友達にふざけ半分で
    「お悔やみ申し上げます。頑張ってね」など言われました。
    その時私は一瞬イラっと来ましたが、「ありがとう」と言えました。

    これは私の勘違いかもしれませんが、たまに人の気配がするときがあります。勉強中横で見られているような感じがしたり、弟の仏壇の前にいるとき背後に気配を感じたりしました。

    最近毎日塾で6、7時間勉強しているのでこれからも頑張りたいです。(*^_^*)

  • #1520返信

    はな

    みりんちゃん、こんばんは。

    >「お悔やみ申し上げます。頑張ってね」

    この言葉の合わせ方は、みりんちゃんがイラっとしても仕方がないよ。だって、どう考えてもおかしいでしょ。この場合の「頑張って」は違ってるよ。それでも「ありがとう」と言えたみりんちゃんを抱きしめたい気分です。

    人の気配がするんだね。きっと弟さんだと思うよ。私も人の気配というか、自分の中に祖母の魂が入ったと感じるときがあるもの。のりうつったとも言うけど・・・。そんな時は、ボーッとしてても言葉が次々に出てきて手が動きます。天国にいる祖母は書くことが好きな人でしたから。自分が書いたとは思えないような素晴らしい文章がノートに書かれていたこともあったり。。。
    弟さんはみりんちゃんのことを見守ってくれているんだね。私も応援してるよ。

  • #1521返信

    みりん

    正直私は

    「お悔やみ申し上げます。頑張ってね。」

    の意味はよくわかりませんが、なんかいらっとしてしまいました。
    たぶん、笑いながら言っていたり、使い方が間違っていたからだと思います。

    最近本当に【今の自分】と相手を比較してしまいます。
    今日も塾で
    「みりんさんは今元気ですか?幸せですか?」
    そう聞かれて色々考えながらも「幸せです。」と答えました。
    すると「よかったですね。」
    と言う返事。
    もう一人の子にも聞いていました。
    その子は…言い方は悪いですが、本当に(口は悪いし、態度も悪いし、チャラチャラしてるし、うるさい)です。
    その子は私と同じ質問をされ、
    「え~全然幸せじゃないよー。最悪だよー」
    先生は「じゃあ幸せになれるように、すこしでも○○さんの役に立てるようにしますね。」
    その子は「うわっ。きも~い。先生きもいよ。死んだ方がいいよ。」
    そんなようなことを言っていました。

    そのとき、私は悲しくなった反面いら立ちが込み上げて来たりしました。
    何でそんなこと平気で言えるのかなと…。

    こうゆう子が日本に・・・世界に・・・たくさんいると思うと、悲しいですね。
    そんな人がいなくなる世界なんて、ありえないんですかね。

  • #1522返信

    ひさも

    みりんちゃん、こんばんは。
    夏休み、勉強して過ごしているんだね。えらいな、なでなで。
    私の弟が亡くなった時も、にやにやして「弟がいなくなってどんな感じ?もう弟がいないって信じらないって感じ?」と聞いてきた友人がいました(もう大学生だったのにバカだなー)。頭にきたら、もちろん怒ったらいいんだけど、その気力もなかった…。
    わからないひとにはきっとわからない種類の痛みなんだろうなとも思います(いつか気づくことはあるのかもしれないけれど)。早く気づいてくれたらいいのにという気持ちと、こんなつらい気持ちをこれ以上他の人に感じてほしくないという気持ちと、よくごちゃごちゃになります。
    でも確かなことは、この気持ち、この痛み、ちゃんとわかってくれるひとがいるということ。
    みんながわかってくれたら世界はきっともっとやさしくなるんだけどね。
    でもひとりでも、ふたりでも、このつらさをわかってくれて、一緒に抱えてくれるひとがいるというのはすごいミラクルだなーと思います。
    わかってくれてるひとは、いっぱいいるからね。みりんちゃんはひとりじゃないし、みりんちゃんはひとつも悪くないからね。

    弟くん、いっぱい夢に出てきて、みりんおねえちゃんが大好きなんだね。きっとみりんちゃんのこと、守ってくれてるね。うちの弟はちょっと人見知りくんだけど、みりんちゃんの弟さんと天国で出会えていたらいいなーと思っています。

    ▼しぶたねのたね
    http://blog.canpan.info/sib-tane/

  • #1523返信

    はな

    みりんちゃん、ひさもさん、こんばんは。
    みりんちゃん、本当にそうだね。キモイとか死んだほうがいいなんて、私が横で聞いていたら説教スタート!です。まぁ、こういう子に説教しても無駄なんだけどね。

    ひさもさんも耳を疑うような言葉をかけられたんですね。人の悲しみに目を向けることができるということは素晴らしいことだと思います。弟さんたちが残してくれた宝物ですね。

  • #1524返信

    みりん

    そうですね…。

    弟が夢に出てくるのは、何か伝えたいことがあるんでしょうか?
    家の家族で江原さんに頼んでみたい…という話になりました。
    でも江原さんが見る人って、事故死などの、突然死の人ばっかりじゃないですか…
    だからダメなんかなーって。

    でもまだ中学生では、身近な人の死は経験する人が少ないと思います。
    昨年は私の先輩のお母さんが亡くなり、(母方の)私の叔父も亡くなり、(父方の)私の叔父の父が亡くなり、嫌なことばっかりでした。

    こんなにたくさん死を経験している人もいれば…自分は全く関係ない…という人もいるなんて。
    不平等というか…なんというか。

    でもきっと誰もが経験することなんでしょうね…。

  • #1525返信

    はな

    みりんちゃん、こんばんは。
    最近は、中学生で大切な人の死を経験することは少ないかもしれないね。

    私の場合、高校生の時に友達が目の前で亡くなりました。その1ヶ月前にも同じバイク仲間が事故で亡くなったばかり。。。彼らは私にいろいろなことを教えてくれたと思います。

    弟さんもみりんちゃんにたくさんの宝物を残してくれたと思うよ。それが何かはすぐにはわからないかもしれないけれど、きっとわかる日がくるから。

  • #1526返信

    みりん

    そうですね。

    でももうすぐお墓に入れる日が来てしまいます。
    お墓に入れても弟はいなくならないってわかっているのですが、この場からいなくなってしまいそうで…。
    成仏して欲しいけど、したら天国に行ってしまうから、私の家にいなくなってしまうかもしれない…
    そう思ってしまいます。

  • #1527返信

    ゆう

    こんばんは。横から入ってきてすいません!!
    弟さんを亡くされてつらい思いをしているのですね。
    私も祖父がなくなった時はつらかったです。
    みりんさんのレスに、弟が夢に出てきて何か伝えたいことがあるのか。ということですが、江原さんが言うには夢で弟さんが笑っていたり、楽しそうだったら大丈夫だよ、などのメッセージで成仏されているそうです。
    こちらが成仏することを願えば大丈夫だと思いますよ。
    それに成仏して天国へ行ってもそばにいるはずです。
    きっとみりんさんのことをやさしくみていると思います。決して遠く離れることはないと私自身も祖父のことを思っていますから。

  • #1528返信

    はな

    ゆうさん、はじめまして。書き込みありがとうございます。

    >成仏して天国へ行ってもそばにいるはずです。

    私もそう思います。私が生まれる前に亡くなった祖母が、ときどき自分のそばにいるような感じがします。そんな時はいろんなことをスラスラ書けるんですよ。新聞などによく掲載されていましたから、私に書かせているのかなと思います。

    ゆうさんのそばにも、きっとおじい様がいらっしゃるのでしょうね。

返信先: 弟は旅立ちました。私は母を支えなくてはいけない
あなたの情報:


スポンサーリンク