小児科医執筆・小児がんの子どもたちの本

小児がんの子どもたちを診療し、見守っていらっしゃる先生方が執筆された書籍です。医師の立場で小児病棟と患児・家族の様子が書かれているので、親が綴る闘病記とは違い、様々な場面を冷静に捉えて考えられます。

細谷亮太先生 執筆の書籍(小児がん関連)

2011~2018年発刊

[amazonjs asin=”4990910133″ locale=”JP” title=”ゆきちゃんとみんな (大事な人が重い病気になったとき)”]
[amazonjs asin=”4309248268″ locale=”JP” title=”看取るあなたへ”]
[amazonjs asin=”4333027314″ locale=”JP” title=”「いのち」の重み 小児科医と臨床宗教師が語る「心の処方箋」”]
[amazonjs asin=”4577044714″ locale=”JP” title=”いのちに終わりはくるの? (いのちって、なんだろう?)”]
[amazonjs asin=”4122061695″ locale=”JP” title=”こころの体操を大切に – いつもいいことさがし2 (中公文庫)”]
[amazonjs asin=”4560083487″ locale=”JP” title=”いつもこどものかたわらに”]
[amazonjs asin=”4333025915″ locale=”JP” title=”きっと「大丈夫。」”]
[amazonjs asin=”4333024129″ locale=”JP” title=”今、伝えたい「いのちの言葉」”]
[amazonjs asin=”B009TPQW7W” locale=”JP” title=”医者が泣くということ 小児がん専門医のいのちをめぐる日記 (角川文庫)”]
[amazonjs asin=”4766001702″ locale=”JP” title=”いつもいいことさがし2”]
[amazonjs asin=”4072775002″ locale=”JP” title=”いい日にしよう、ね!―いのちを見つめるドクターの“ほのぼの日記””]
[amazonjs asin=”4886265154″ locale=”JP” title=”なみだ”]

2001~2010年発刊

[amazonjs asin=”4265801978″ locale=”JP” title=”生きようよ”]
[amazonjs asin=”4829205792″ locale=”JP” title=”優しさはどこから”]
[amazonjs asin=”4121019733″ locale=”JP” title=”小児がん―チーム医療とトータル・ケア (中公新書)”]
[amazonjs asin=”4062142880″ locale=”JP” title=”生きるために、一句”]
[amazonjs asin=”4062590530″ locale=”JP” title=”命のノート―ぼくたち、わたしたちの「命」についての12のお話 (こどもライブラリー)”]
[amazonjs asin=”490224912X” locale=”JP” title=”私たちの先生は子どもたち!-子どものグリーフをサポートする本 (シリーズここからはじまる)”]
[amazonjs asin=”476600115X” locale=”JP” title=”いつもいいことさがし―小児科医が見た日本の子どもたちとおとなたち”]
[amazonjs asin=”4062567474″ locale=”JP” title=”医師としてできること できなかったこと 川の見える病院から (講談社+α文庫)”]
[amazonjs asin=”426500623X” locale=”JP” title=”おにいちゃんがいてよかった (いのちのえほん)”]
[amazonjs asin=”4006030630″ locale=”JP” title=”小児病棟の四季 (岩波現代文庫)”]

2000年以前発刊

[amazonjs asin=”4265006175″ locale=”JP” title=”ぼくのいのち (いのちのえほん)”]
[amazonjs asin=”4265800734″ locale=”JP” title=”川の見える病院から―がんとたたかう子どもたちと”]
[amazonjs asin=”4265800696″ locale=”JP” title=”チャーリー・ブラウンなぜなんだい? ともだちがおもい病気になったとき”]
※「君と白血病―この1日を貴重な1日に」目次とレビューを掲載しました
[amazonjs asin=”4260340026″ locale=”JP” title=”君と白血病―この1日を貴重な1日に”]

松永正訓先生 執筆の書籍

[amazonjs asin=”4122058945″ locale=”JP” title=”小児がん外科医 – 君たちが教えてくれたこと (中公文庫)”]
[amazonjs asin=”B072118FX6″ locale=”JP” title=”がんを生きる子 ある家族と小児がんの終わりなき闘い”]
[amazonjs asin=”4062147238″ locale=”JP” title=”命のカレンダー 小児固形がんと闘う”]
[amazonjs asin=”B07124G4VR” locale=”JP” title=”命のダイアリー 小児がんを乗り越えた少年・少女たち”]

お医者さん執筆の書籍

[amazonjs asin=”4860301625″ locale=”JP” title=”マーガレットの花束―小児がん、難治性血液疾患を支えた20年の軌跡 (悠飛社ホット・ノンフィクション)”]
[amazonjs asin=”4591112535″ locale=”JP” title=”いのちの約束 ~北大病院・澤村先生と子どもたち~”]
[amazonjs asin=”4860301382″ locale=”JP” title=”いのちの「語り部」―小児血液腫瘍科医からのメッセージ (悠飛社ホット・ノンフィクション)”]
[amazonjs asin=”4797450789″ locale=”JP” title=”小児がん病棟の窓から”]
[amazonjs asin=”459106834X” locale=”JP” title=”ぼくとチェルノブイリのこどもたちの5年間 (ノンフィクション・隣人たちの哲学)”]

図書館を利用しよう

お母さん

入院や治療にお金がかかるから、本にお金をかけられないわ・・・

母親

そんな時は図書館を利用しましょう。

図書館のホームページで、目的の本があるか検索できるのよ。

お近くの図書館名で「○○図書館 蔵書検索」とキーワード検索してホームページを開き、蔵書検索フォームに書籍名などを入れて検索すれば図書館に行かなくてもあっという間に探せます。専門書はないかもしれませんが、一般の方向けの本や絵本などは結構ありますよ。中身を見てから購入するのが一番いいかな。身を見てから購入するのが一番いいかな。