息子が白血病と診断されて・・・原因は何?

白血病の原因は医師でもわからない

息子が病気になり、白血病の原因を調べ続けました。医師にも原因を尋ね、本やインターネットでも調べましたがわかりませんでした。小児がんの原因で明らかになってきているものもいくつかあるそうですが、まだ確定されていないものも多くあり、医師からも「白血病の原因は不明」と聞きました。原因をつきとめることで心の中にある怒りが発散できると思ったのです。

「息子が白血病になったのはもしかして・・・」と私が考えたこと・思ったことを書きました。あれこれ考えていると、まわりにあるものすべてが原因のような気がしてなりませんでした。

私が考えた「白血病の原因」

電磁波

次男が白血病になったことの原因で一番気になっていたのが「電磁波」でした。今の家に引越しをする前に、すぐ近くにある鉄塔やほぼ頭上を通る高圧送電線を気にしていた私の父が「孫たちが白血病になるのではないか」と心配していました。父は電磁波測定器まで購入して計ってくれました。各家庭で電気がよく使われる時期には驚くほどの数値が・・・。


タバコの副流煙

次男がおなかの中にいるときから、夫は私と子どものそばでタバコを吸っていました。発病する少し前に、火のついたタバコでやけどをしたこともあり、やけどをしたことによって有害物質が体内に入って白血病になったのではないかと思いました。

カビ

病棟の井戸端会議で「うちの場合、電磁波とカビが原因だったかもしれない」と聞き、そういえば我が家も風呂場に換気扇がないため湿度高いかも。。。

農薬

夏になると隣の空き地に除草剤がまかれ、斜め前の柿畑でも農薬が・・・。家の周りには害虫を寄せ付けないようにする粉末の薬も撒いていました。それらが体内に入って・・・・。

コーンフレーク 

コーンフレークやポテトチップスは発ガン物質を含んでいると読んだことがあり、コーンフレークが大好きな息子たちは毎日のように食べていたからそれで?

がん家系

祖母2人は大腸がん、乳がんで、祖父は肺がんで亡くなっていることと何か関係があるのではないだろうか・・・。

私!?

学生時代は知らない間に青アザがたくさんできました。それも腿の内側など、打った覚えのない場所にも・・・寝相が悪かっただけ?貧血気味でときどき倒れそうになることも。それが原因なのか!!?

「君が白血病になったのは誰のせいでもないし誰にもどうしようもなかったんだ」

白血病の原因を考えていた頃、母が一冊の本を差し入れてくれました。

偶然、古本屋にあったという真っ赤な表紙の本は、「君と白血病~この1日を貴重な1日に~」外国で出版され、聖路加国際病院の細谷亮太先生が日本語に訳した子ども向けの本でした。病気や治療のことがわかりやすく書いてあり、医師に質問できずにいたことも理解できます。

その中にあった言葉を読んで涙があふれました。そうだ。「どうしようもなかったんだ」。

君が白血病になったことで君の家族や友だちなんかが何か君に悪いことをしたと思っているかもしれない。君自身前に何かやっちゃったから白血病になったのかなと心配かもしれない。何かのたたりと思うかもしれないし・・・。

そんなふうに悩んじゃうと よけい君は具合が悪くなる。次のことをよくおぼえておかなくちゃいけない。君が白血病になったのは誰のせいでもないし誰にもどうしようもなかったんだ。

引用元: リン・S・ベイカー・著/細谷亮太・訳
君と白血病この1日を貴重な1日に」医学書院・刊行

今は原因を追究することよりも、前向きに治療をしていくしかないのだとようやく気づきました。同じ病気の子でも、高圧送電線とは無縁の場所に住む子も大勢いる。うちの近所の子たちは元気だ。それだけが原因ではない・・・私が前に進むために、お守りとなる言葉が欲しかったのかもしれません。

引越しする? どうする!?

引越しすることも考えましたが、不慣れな場所でストレスを抱えながら生活するよりも、この家でのびのびと生活していこうと決めました。

白血病と診断されて15年経ちますが、今も同じ場所・同じ環境で暮らしています。高校3年生になった次男は、再発もなく晩期合併症もみられず元気です。