フォーラム 診断・治療・晩期合併症 成長ホルモン治療は手遅れと言われ、悔しい 返信先: 成長ホルモン治療は手遅れと言われ、悔しい

#4916
あっき

あっき (2013-11-23 7:10 )

ゆきだるまさん、かあかさん

昨日はなさんがアップしてくださったコメントに追加です。
はなさん、コメント投稿ありがとうございます!

一般的には15歳以上、中学を卒業したら小児科から内科へというのが常識なのかもしれません。

ですが、小児がんは内科よりも小児科の治療の方がよりよい効果の高い治療を受けられる場合もあります。わたしが耳にするのは、どうしても小児血液になってしまいますが、白血病や悪性リンパ腫は小児プロトコルの方が効果が高いと小児血液のお医者さん達の中のスタンダードになってきているようです。

リンクを貼れないので。
「元気になあれ」上の記事ではなさんがリンクを貼ってくださっています。
ブログのブックマークに読売新聞の医療面で紹介された記事をアップしています。
少しでも15歳から25歳くらいまでのAYA世代と言われている年代の患者さんやご家族に知って欲しいです。

フォローアップについても15歳になりました、内科へということはないです。
うちの娘も高校2年生17歳になりますが、まだまだ小児科外来に行っています。
娘の通院先はこども専門病院ではない、大学病院。成人になってから主治医と相談の上でこのまま小児科でもいいし、同じ院内で血液内科で経過観察でも構わないとのこと。

小児がんの長期フォローアップの場合、今は小児科の小児がんの治療を受けられるような病院、ベターなのは長期フォローアップ外来というのを設けているような病院がいいのではないのかなと思っています。