フォーラム 診断・治療・晩期合併症 成長ホルモン治療は手遅れと言われ、悔しい 返信先: 成長ホルモン治療は手遅れと言われ、悔しい

#4929
輝く子どもたち@はな

はな (2014-2-24 21:57 )

ありすさん、つらいですよね。
私も、今のありすさんと同じ思いだった時期があります。
小児がんは治ってもその後でいろんな問題が出てきて、
子どもの将来を思うと不安が募ります。

ありすさんの文章にある「当たり前の幸せ」とは何でしょう。
順調に成長して健康で、お友達と仲良く学校生活を送り、
進学・就職・結婚することが「幸せ」でしょうか。
そのレールから外れてしまった人たちは、不幸な人生を歩んでいるのでしょうか。
養護学校に通う人たちは、幸せではないかしら。

「養護学校」に偏見はありませんか?
そうだとしたら、お子さんが一番つらいのではないかしら。

私も「どうして特別支援学級に?」「どうしていじめられるの?」
…ありすさんと同じ思いでした。
でも、息子が特別支援学級に入り生き生きとし始めてから
私自身が偏見をもっていたことに気づきました。

順調に成長して健康で、高学歴…それなのに、
幸せそうに見えない人を何人も見てきました。
彼らに共通して言えることは、目標がなく目に輝きがない。
そして、苦しみに耐える力を備えていない。

特別な体験をしてきた子どもたちは、
たくさんの試練と問題を乗り越えて生きています。
生きづらさを感じながらも、精一杯生きています。
すばらしい子どもたちです。

思春期を迎えると、人間関係も難しくなります。
すべての人に理解してもらわなくていい、
誰かひとりでも娘さんの支えになってくれる友だちができるといいですね。
学校だけでなく、同じ経験をした人たちでもいいと思います。
小児がん経験者の会の活動、仲間との関わりによって、
救われた人たちがたくさんいます。

そのような団体をご紹介できますので、いつでもご連絡ください。
私の連絡先はこちらです。

ありすさん、あなたの中にも強さがあります。
今は心の中で泣いてばかりでも、何かのタイミングやきっかけで
スイッチが切り替わると思います。
どこまでできるかわからないけれど、
娘さんの明るい将来のために一緒に考えましょう。