フォーラム 集団生活・人間関係 PTA役員選出で白血病だと話し、免除してもらいましたが… 返信先: PTA役員選出で白血病だと話し、免除してもらいましたが…

#5248
よもぎ

よもぎ (2006-3-19 22:54 )

保護者の方達に、病気の説明をしなくてはならないときの揺れるはなさんの気持ち、考えていたら、やっぱり切なくなりました。
治療中の子供のことを守る義務、そしてその兄弟のことも守ってあげたい、という気持ち、その両方のあいだで一生懸命できることをしよう、、、と思った行動なのではないかと思いつつ、やっぱり、周囲の方からなんの言葉もかけてもらえなかったら、不安になりますよね、、、、。
でも、子供達はきっと皆優しいと信じています。
白血病のことも、この病気は移らないのだ、ということを、それぞれの保護者の方達がきちんと自分の子供達に話してくだされば、子供達の中から産まれるかもしれない誤解もない、、きっと、逆に、励ましてくれる、、と信じています。

よもぎも、カイが発病してから、(お国柄なのでしょうか)何度もいろんな方にカイの病気のことや治療のことを話す機会があります。 よもぎは、逆に、とても詳しく話して皆にこの病気のことを正しく理解してもらうことを努めています。
お国柄なのか、皆、普通に、聞いてくれて、そして皆「手伝うことがあったらなんでも言ってね!」と言ってくれて、そして、ほんとに手伝ってくれています。 カイの私が採血した血を病院に運んでくれたり、カイが髄注の時、私が一緒に手術室に入れるように、そのとき次男君を治療室の外であやすその5分のためだけに会社を抜けてきてくれたり、、、、。

はなさんのお知り合いの方達もきっと、みんな、心の中で、はなさんの力になりたい、助けになりたい!って思ってくれているのではないかな、、って思います~。