フォーラム 小児がん治療中・治療後の生活 子どもの入院面会時間中の親の役割 返信先: 子どもの入院面会時間中の親の役割

#5533
れいん

れいん (2006-2-17 18:23 )

いちごさん、はじめまして。
わたし達がお世話になっている病院は、入院中付き添いが必要でした。週に1度母が(仕事の休みの時に)替わってくれる日以外は、ずっと病院に泊まっていました。
医療行為以外は、ほとんどのことを付き添いの者がしていました。
検温(1日4回)、体重測定(朝・夕)、尿・便の量と回数のチェック、食事の配膳&後片付けと食べたもの・量の記録、食後の歯磨きと薬の吸入、経口薬を飲ませる、トイレの介助、体ふきまたはお風呂の介助、熱が出た時のアイスノンの交換などなど。下痢が続いた時、看護師さんが忙しそうな場合はシーツの交換なども自分でしました。

付き添いの必要な病院の場合は、ご家族などの協力がないと、付添者は肉体的にも精神的にもかなり苦しい状況になってしまうと思います。実際、諸事情により協力が得られず、完全看護の病院へ転院された方もいらっしゃいました。
わたしは、主人、母、叔母などの助けが日々あったので、長い入院生活を乗り切ることができました。
大変ではありましたが、娘が治療をがんばっているのをいつもそばで見ていることができたので、その点はよかったかな?と思っています。

1日も早くドナーの方が見つかること、祈っています。
いちごさんもどうかお体に気をつけて、娘さんを支えてあげてください。してあげたいと思うことは、どんどんしてあげていいのでは?とわたしは思います。医療スタッフと衝突しない程度に、ね。