フォーラム 小児がん治療中・治療後の生活 AML治療終了後の経過観察。外来の回数が多い気がします 返信先: AML治療終了後の経過観察。外来の回数が多い気がします

#5785
ひまわり

ひまわり☆さん、おはようございます。私の息子の場合を参考までにと思い、経過観察の様子を書かせていただきますね。

昨年3月末に退院して、2ヵ月後には、1ヶ月に1回の採血のみとなっています。そして、マルク・ルンバールは退院以来1度も行っていません。マルク・ルンバールを行う・行わないというのも医師と病院の判断
でわかれるところがおおきいようです。

私が自分の主治医に確認している限りでは、発症時の年齢や性別・白血球数や中身、検査結果で治療方針が決まると思うのですが、基本的にその事を含めて、どんな治療内容であったか等が、その後の経過観察を考えられていると思います。

小児の骨髄性は症例も少ないですが、その中でも数種の型にわかれますよね、それから年齢が低いほど、慎重にされる医療機関も多いですし、例えば入院中の外泊なんかも医師・病院によって見解差が大きいですもんね。

なので、再発の可能性を鑑みて外来回数が多いとかではないと思いますが、やはりひまわり☆さんの娘さんの主治医にひまわり☆さんの不安な心情を話されることが一番だと思います。

「再発」という言葉は、自分の心情の多くをしめてしまう、私は不安になり始めるととことん、悪く考えてしまう性格なのでいつも、はなちゃんや皆に助けられています。うまく返答できていなくてごめんなさいね。ひまわり☆さんの不安が解消されるよう祈っています。

投稿日:2007-10-20