2018年4月に、CAR-T療法の署名活動をされた藤原さんを覚えていらっしゃるでしょうか。白血病が再々発してしまった当時3歳のお嬢さん(はるちゃん)の命を救うため、CAR-T療法を受けたいと待ち望んでいる他のご家族のために署名活動をされたお父様です。

藤原さんから皆さまにお礼とご報告(はるちゃんの治療の経過とその後の様子)の動画が、名古屋小児がん基金のYouTubeにアップされました。

中国でCAR-T療法を受けたはるちゃん

署名は最終的に約65,000筆集まり、藤原さんはその署名用紙を、厚生労働省 医政局と厚生労働大臣の地元の事務所に届けられました。しかし、名古屋大学が行っていたCAR-T療法の臨床試験対象者に小児は含まれることはなく、はるちゃんはこの臨床試験に参加できませんでした。

藤原さんは諦めませんでした。中国の医師にメールを送り、名古屋大学医学部附属病院を紹介され、名古屋小児がん基金 小島先生との出会いもあり、中国でCAR-T療法を受けることができました。

署名の御礼とご報告

現在はるちゃんは、治療が終わり1年8か月経ちました。はるちゃんの体調やご家族の精神面が安定してきたこともあり、藤原さんから皆さまにお礼とご報告の動画が収録され、名古屋小児がん基金のYouTubeに公開されましたのでご覧ください。

動画開始後23分から治療の経過と現在のはるちゃんの様子を藤原さんがお話しされます。30分58秒から名古屋小児がん基金理事長/名古屋大学名誉教授 小島勢二先生と藤原さんの対談で、署名活動についても触れられます。

YouTubeで視聴する

お詫び

個別に署名をお願いした皆様に改めてお礼のメッセージを送る予定でしたが、誤ってそのリストを削除してしまい、どなたにお願いしたのか分からなくなってしまいました。ご連絡できず、誠に申し訳ございません。

署名にご協力いただきました皆様、ありがとうございました。

署名活動 関連記事




名古屋小児がん基金