2017年6月に、かなママさんはブログで「造血幹細胞移植などの治療によって免疫が消失した場合のワクチン再接種費用の公費助成を求める声をあげよう」と仲間に呼びかけました。そして、かなママさんの呼びかけに、たくさんの仲間が賛同し動き始め、全国に拡がっていったのです。

今回はかなママさんにスポットを当てました。ご本人の許可を得て、かなママさんの働きかけをまとめさせていただきました。

自治体へ、そして全国へ

メールで伝えて、すんなり制度化

かなママさんは、お住まいの自治体のホームページからワクチン再接種費用助成の要望をメールしたところ、後日、制度が整ったと連絡がありました。「検討します」というお返事だけで終わってしまう自治体もある中で、こんなにすんなり採択されるなんて驚きです。

全国市長会へメール

かなママさんは他の自治体でも同じように助成制度を創設してもらいたいと思い、全国市長会にメールをします。メールの全文が掲載されていますので、下記のブログをご覧ください。

厚生労働省へメール

全国市長会からは何の反応もない中、今度は厚生労働省へメールを送信。全国市長会に送った内容に加え、予防接種の必要性も含めました。

助成制度がある自治体はどこ?

陳情する際に、他県では助成を開始していることを引き合いに出すといいのではないかと考えたかなママさんは、ワクチン再接種費用助成制度がある自治体の情報収集を開始。かなママさんのブログ記事だけでなく、コメント欄にもたくさんの声が届いていますので、ぜひご覧ください。





現在は、ぽこちゃんさんのブログと当サイトで、再接種費用助成制度がある自治体をまとめています。当サイトでは一覧表で簡単に掲載していますが、ぽこちゃんさんは行政の動きなども含めて詳しくまとめていらっしゃいます。




経験談を繋げる

小児がんの子どもたちのご両親の強い想いが、助成制度創設に繋がっています。皆さんの奮闘をこのサイトで連載し、これから行動しようとする方に繋げていきます。