医療従事者と患児家族が安心して使えるCVCカバーをメーカーさんに製品化してもらうため、またCVによるトラブルの現状と対策方法の情報を共有するため、1か月にわたり0歳~18歳までに中心静脈カテーテル(CVC, CV, IVH)を使用または使用経験のある患児・経験者・家族を対象としたアンケートを実施しました。有効回答数233件。

このアンケートのためにお時間をいただいた方、会員の皆さんへお知らせを配信していただいた患者会の皆様、SNSでお友だちにお知らせしていただいた方、CVC固定に関する情報をいただいた医療従事者の皆様、その他大勢の方にご協力いただきアンケート調査を終了しました。ご協力に感謝いたします。誠にありがとうございました。

今後の活動に役立つ多くの声が集まり、集計結果を皆様と共有することで、子どもたちとご家族の痛みやストレスが少しでも軽減できれば幸いです。

アンケート調査結果報告

趣旨・目的

  • 医療従事者と患児家族が安心して使えるCVカテーテルカバーをメーカーさんに製品化してもらう
  • CVによるトラブルの現状と対策方法の情報を共有する

調査期間

2017年10月30日(月)~11月30日(木)

対象者

0歳~18歳までに中心静脈カテーテル(CVC, CV, IVH)を使用または使用経験のある患児・経験者・家族。

有効回答数

有効回答数 233件 回収数(239)内 白票(6)

調査方法

「輝く子どもたち」サイトにてアンケートを開始。個別にメッセージを送信し、SNSや「小児がん患者会ネットワーク」を通じて呼びかけを行い、開始から10日間で185件(77%)の回答を得た。
アンケート項目設定や呼びかけには「みんなのカテーテル制作委員会」石嶋氏、岩倉氏の協力を得て実施。

アンケート結果のサマリー

CVC使用者の7割ほどが乳幼児であり、大人が思いもよらない行動をとるために起こる「事故抜去」「自己抜去」「ルートやプラグの破損」が目立ち、CVCルートの固定・保護率は他の年齢と比べて高かった。

テープのみ使用した(75人)とカバーおよび巾着袋のみ使用した(63人)を比較すると、固定方法の違いでトラブル発生に大きな差は見られなかったものの、「事故抜去」「挿入部分の異常」「ルートやプラグの破損」においてカバーおよび巾着袋を使用したほうが効果を実感する人が多かった。

上記の結果から、テープよりカバーや巾着袋の使用はトラブル発生を抑えられると考えられるが、首紐に恐怖心を抱いたり事故抜去につながったりする恐れもあるため、カバー等の形状、使用時の年齢・環境には注意が必要である。



アンケート集計結果のダウンロード・閲覧

【集計結果】PDFダウンロード

【集計結果】ホームページ掲載分