娘、また胃腸炎
23 May 2018 | 4:16 am

発熱しているもの、元気でよくしゃべりながら朝食。

しかし、食べていると<おなかが痛い>といいだすので、

途中で中止。

 

2年前の息子の白血病発症時、紹介状をかいてくれたUクリニックヘ受診。

 

以前はクリニックにはいるなり大泣きし、でる、とわめくし

のどをみてもらったり聴診器もすべてダメだった娘。

 

でも、息子をみているからか?病院がどんなものか理解できるようになっていたみたいで

その成長ぶりに感動。

 

きちんと待合室でまてるし、一人で椅子にすわって日本語になっていない日本語で一生懸命

お医者さんにお話し。

 

診察も大丈夫で、おなかをみせての触診や聴診器もおとなしく受けていました。

 

すごいなあ、成長した。娘が発熱してるのにやたら感動しっぱなしの私。

(ここまで保育園よくがんばったな、とか、お医者さんにいっても成長したな、とか)

 

結果は胃腸炎。5月はじめにもおそらくかかりすぐに解熱してゆるいのがでて終わった話をすると、

胃腸炎は1日2回も3回もかかるくらいたくさん菌があるんだよ~と。

 

 

胃腸炎は今は保育園ではちらほらだが、はしかも全国的に流行しつつあるらしく、

保育園でもいるといってたな。

 

てことで息子はまだおばあちゃんちにお泊りだな。息子は喜んでるだろうが

おばあちゃんおじいちゃん、4歳の息子相手はほんとにつらいだろう。

すみません。。。

 

(ずっとしゃべってるしずっとジジババにベッタリなのだそうです)

 

 

 

息子はそんな中、GWあけからはフルで登園。マスクも自分からはずすことはないそう。

暑い日もあるし、いいんだよ苦しかったらはずしな、といっても、

<おかぜひいちゃうから>

<だれにいわれたの?>
<せんせい>

 

5月以降はマスクは時と場合により、で保育園や息子の判断でという話にしていたが

はしかとかのせいかな?

 

まあしているにこしたことはないが。

 

園でもそとで遊ぶときやジョギングのときはしていないそう。

 

最近は人の輪にまじわり遊べているようで、お友達の名前も固定の子ではなく

ほかの子の名前もでてきて、そこもまた感動。

 

 

仕事でにつまったっとき、こんなこともできなくなっちゃったのかと思った時、

ふと息子を思い出し頑張れたこともあった。

 

息子も遅れを取り戻すためにがんばってる。私も!

 

そう思う気持ちもある。

 

 

 

って、途中から息子の話になりましたが、

明日はどうしようか・・・午後から会社にいき、午後だけ私側のおばあちゃんに

娘を託すか・・・。

(仕事片づけたくて・・・)

 

 

 

 


娘、また発熱
22 May 2018 | 2:42 pm

お迎えにいきだっこした瞬間から、ああまた発熱してるなとわかりました。

 

2歳児クラスになると運動量や遊びも1歳児クラスのときとはかわり、幼児クラスに近い運動量になるそう。

そして4月から私が就業時間をのばしたから、保育園での預かり時間も長くなった。

(娘だけ。白血病治療中の息子は

毎日16:00にはおばあちゃんがお迎え)

 

疲れてるよなあ。ごめんね。でも本当によく頑張ってくれてありがとう。

 

【ここから、仕事のこと中心の話です】

 

 

明日は私は仕事でまた大事な試験がありました。

 

3つあって、1つは受かる。当たり前てきな目でみられる。

(かなり頑張ったんですけど)

2つ目が難しすぎておちた瞬間、もうスイッチがきれてしまい今回もうけたくない、

もういっぱいいっぱいです、明日いきたくない、

そう思っていた時の娘の発熱。

 

娘がかばってくれたのか?

 

 

そして、明日仕事にいけなくなるかもしれないということが頭になく、

仕事時間中に処理しきれなかった案件を付箋でやたらメモがきし、あまり目立たない場所に

私の名前をかき、共有フォルダにつっこんで

帰ってきた。

 

しかし、明日は確実に仕事にいけない。

試験もムリそうだからと先に上司に電話をしておいた。

 

私のあの仕事の残骸をみられるのか・・・。

 

よく独身のときは自分のペースでできていたからしていたが

、もう今は自分のペースではいろいろ物事はすすめないし、

人の力をかりなければいけないことも多い。

 

だから常に身辺整理しておいたほうがいい、と旦那にいわれました。

 

 

私は・・・・。勤続年数はもうすぐ20年。たとえ4年いなくても、私は知識のあるひとだとおもわれているよう。

テストに受かった=当たり前だしさすがだよね

テストにおちた=えっあなたがなぜ?

 

このまわりからの目がすっごいつらく、

できないもんはできましぇーん。

今4年のブランクをとりもどすべく後輩たちから勉強させていただいています。

だから受からないものはうからない。

知識ももう4年前のものだし、

白血病・血液検査結果についての知識がはいったぶん、

仕事のことはぬけていきました。

 

そんなようなことをユニークにいってみているかんじです。

 

 

私は、結婚したとき、なかなか赤ちゃんがきてくれないなと思っていた時、そして本格的に不妊治療をしていたとき

(いろいろ不妊原因らしくこともいわれた)、最後にはやっとこ授かった息子が白血病になり病院につきそうため

休職となったとき。

 

ずっと、今の生活を夢見ていた。

 

子供が2人いるママ社員。あー有休がへるといいながら出勤簿をみていたママ社員。

子供が熱出したと保育園からよばれ仕事が中途半端になる。。。と嘆くママ社員。

おばあちゃん、お迎えいける?と電話していたママ社員。

 

 

みんなが、私の夢だった。

そこの世界に同じ土俵に、のりたかった。

 

 

手が届かない場所かもしれないとあきらめかけたこともあったけど、

今ちゃんとその生活ができている。

(おばあちゃんたちのおかげで)

 

 

今は子供たちを保育園にあずけながら普通に仕事もドッチャリくる。

時短使ってても関係なし。

人脈根回し工夫していき自らどうにかするしかない。

 

まあ、よくいえば働く場所が提供されて仕事がもらえてありがたいことなんだけれどね。

仕事をやすむって連絡して、いやな感じの声だされるのだって、きっと役立っているからなんだろうから、(ポシティブに考えてみる)

自分が必要なんだろうから。

 

そうゆう場所があるだけ幸せなんだろうな。

 

 

 

 

 

娘は朝までおきなだろうな~。明日げんきだといいな。

 

息子はおお喜びで、旦那とおばあちゃんちに泊まっています。

 

また保育園ママ友、娘と息子にコップいれをつくってくれました。

(息子のパジャマいれ、エプロン、三角巾、コップいれ2つも全部このママ手作り)

 

 

2人が同じものをほしがるので、2人の大好きなはらぺこあおむしに

してもらいました。

 

なんでもつくっちゃってすごい。

 

私もちょっといいミシンかわないとかな~。。。


ずっとこの寝顔を見ていられるのか
21 May 2018 | 1:21 pm

息子の寝そうな顔、

寝顔をみながら。

 

 

 

 

やっぱり、いつまでもこの寝顔をみていたいし、

先にいかないでね。

 

そう思って今日は涙がでてしまいました。

 

ちょっと色々疲れてそうだな私。

 

ストレスたまってるなと思うと、自ら大泣きします。

 

すると翌朝かなり顔がむくんでいますが気持ちはスッキリ。

 

おばあちゃんが大好きでこないだも姪2人とおばあちゃんちにお泊りした息子。

(うちの娘は、自宅がいいと自宅にかえり、旦那と3人仲良くゆっくりねました)

 

おばあちゃんは、たぶん私以上に<親>目線。治療のこともよく理解してくれてるし

色々こまごま気を使いながら息子に接してくれている。

 

おばあちゃんもきっとこんな気持ちなのだろうな。

 

<こんなにすかれっちゃっちゃあ、こまったものだ>と

特上の笑顔だったおばあちゃん。

 

息子が、孫たちがなによりもの生きがいのおばあちゃんおじいちゃん。

 

 

 

 

 

私は、息子の治療が終わる時が今やちょっと恐怖です。

そのころには会社の大プロジェクトも実行となり、

仕事への不安は今もかなりあるし

息子が抗がん剤から解放されたあとっていつ再発してもおかしくないと

私は思っちゃってるから

これほどこわいものはない。

 

まだ抗がん剤に守られてるほうが

私は安心・・・。

 

でも、息子はその時が一番開放されたときになるのだろうけれど。

 

 

 

 

 

保育園でも、なんかあったんじゃないかか~。

と思う日があるのに、いってくれない。

 

また心配。

 

 

 

 

 

こう色々考えて頭でもつかれはて。


息子の抗がん剤による体感副作用はどんな感じだったのだろう
20 May 2018 | 12:28 pm

そう思って、大人の白血病入院治療をした方のブログを拝見することがありました。

 

エンドキサンは、2次がんの副作用があるかもといわれてるだけあって、

(戦時中の殺人兵器だったものを改良してつくられたものと聞いたが本当かな)

かなり強烈な

副作用をかいていらっしゃる方も拝見しました。

吐き気はけっこうみなさん書かれていましたが、息子はどうだったのだろう。

 

息子はエンドキサン投与日は、投与後しばらくするとむくみ、だるそうにしているのだけ

わかりました。

 

でもすぐもとに戻っていた気がする。(見た目)

 

キロサイドは、やっぱり前投薬のはきけどめがきくらしく、はきけより

発熱の副作用はかいてる方がいらっしゃいました。

 

寛解導入のときの、オンゴビンで1回あごに副作用がでてしまらなくなったことがありました。

 

私が今知りたいのは参考までに(皆副作用がちがうものだし)、大人の維持療法

をされてる方。

 

(小学生とか、大人というよりきちんと自分の状態を話せる方?)

 

メソ、ロイケリン、どんな自覚できる副作用があるんだろう?

白血球さがると自覚症状とかあるのかな?

貧血はあるだろうけど、

息子は元気いっぱいすぎて白い顔に少しなっててもあそびまくるから

わからない。

 

息子は自分の治療もしらないし、だから副作用もいわないし、

あってもそれが副作用とはわからないだろうな。

 

 

 

 

もうお亡くなりになっている方ですが

白血病の闘病ブログをずっと拝見していました。

 

こうゆう方々が生きて残ってくれたらきっと世界は変わるんだろうな

と思う。医療の進歩を願うばかり。

 

その方は、自身の闘病と、社会での仕事の違い(気持ちの)とか

様々な方面から、闘病についてかかれていました。

 

 

感想は、

わたしはちっせえな、ということ。

 

すごいよな。。。。。。。。

 

この言葉しかでません。

頭がさがる思い。

 

☆息子は元気に保育園にいっています。

現在維持療法49週目かな。


窓際でごはん
13 May 2018 | 12:40 pm

普段は家族でリビングで定位置で食事をしていますが、

ふとテーブルを窓際にもっていき

カーテンも全開にして庭や外がみえるようにして

今日はごはんをたべてみました。

 

そうするとやはり子供たちは喜び、楽しく食べられたようだし

量もいつもより食べた気がしました。

 

姪たちもきて一緒にお昼ご飯。

 

しかし私がごはん作ることが得意でないことをしってる姪は

<お昼いらない>とずっといっててくれました。

 

気を遣わせました。

 

我が家はたぶん、常に人が集まる家。

旦那側のおばあちゃんちは本家だから

もとからそんな感じだし

うちは、息子たちからみると、はとこ(旦那のいとこの子供たち)たちが休日にうちがいるかどうか様子をみにくる。

 

今日は子供8人に、旦那のいとこたちにおじいちゃんに・・・。

大勢が庭にあつまり遊んで大人たちは笑って。

 

とっても楽しかった。

 

皆で遊ぶと子供たちも楽しいし、体力をつかうようで

よかった。

 

私は子供たちにごはんを急にだすことになったりおやつもだしたり。

 

私はこうゆう家庭に育ってこなかったからこうゆうのは苦手でしたが、

でも人が集まってくれるのはうれしいし、

おもてなし、義母をみならいちょっと頑張ってみよう。

 

(といっても子供相手だが)

 

 

 

今日は母の日。

 

義母は、<お互いがんばっていこう>

と優しい言葉をかけてくれました。

 

いつも、ありがとう。いつも私たち家族が笑ってて楽しくて幸せなのはおばあちゃんたちの

おかげです。

 

という言葉を、私はいったかな。泣いてしまってあまり覚えてないな(笑)。、



More News from this Feed See Full Web Site